本 2020/08/27

僕の心のヤバイやつ

ヤバイ漫画です。読んでいると、あ〜っ、ああっ、あ~~~~~ってなります。

 

チェンソーマン

ダークヒーローって言われてるらしくダークヒーローという概念を初めて知りました。テンポがすごい。

 

戦争と平和

新しいものが好きなので光文社新訳文庫版です。登場人物がとても多い。

 

兵士たちの戦後史:戦後日本社会を支えた人びと

日中戦争及びアジア・太平洋戦争天皇陛下の軍隊の戦士として戦い、戦後は企業戦士として日本を焼け野原から復興させ、アメリカに次ぐ世界2位のGDP超大国にした人について書かれています。

 

戦争は女の顔をしていない

マンガ版の一巻分の値段で買えてしまうので、こちらを買ったほうがいいと思う。

アレクシエーヴィチにしろ、プリレーピンにしろ、リアリズムなので、右も左もリアリズムに辿り着いている。これからはリアリズムの時代。*1

 

 

 

 

近況

浪人界隈とフェミニストが激突していたらしい*1。浪人生は大学生になれなかった穀潰しだし、フェミニストは大人になれないまま歳だけ取ったわがままなガキである。

この論争を見て、羽化するときに羽がちゃんと伸びないまま固まってしまったセミを公園で見たのを思い出した。羽はあるのに飛ぶことができず、地面を足を使って動きながら鳴いていた。声の大きさだけは一人前なのに何者にもなれていない存在は厄介だと思った。

 

  • 受験という森の中をぐるぐる回っている

5月に受けた全統共通テスト模試の結果なんと現役の時より悪かった。たぶん文転理転を二転三転したのが悪いと思う。

センター試験に爆死してもう理系として生きていけないと思ってた僕は文転するとか言って二次試験対策を何もせず英文解釈やら漢文やら古文やらの参考書を購入して勉強しだし予定通り全落ちした。これで文転できるぜ〜って思い、親に文転しまつ!wと宣言したところ、「なんだ、君?一体、航空機の設計をしたいと言ってたのは誰なんだ?」とマジレスされなぜか卒業したはずの高校の教師との面談が発生しなんだかんだで理系を続けることになった。

センター試験後からは文系科目と数学IA・ⅡB*2の勉強のみをしていたので、河合塾の数Ⅲや理科科目の授業の初期は自分のできてない場所を探すためのものが1から学ぶというものになってしまった*3。教科書を熟読するはめになり、理系科目だけで精一杯で英語の映像授業は後回しになり、国語や地理は映像すら見ていないという状況になった。

そんな状況で共通テスト模試を迎えた。なんと英文や小説や漢文が読めなくなっていた。国語は日本語で書かれた文章だから2回ほど読めば読めるようになったが、英作文は10回ほど読んでやっとアルファベットの羅列から英文になった。そして、両方とも時間が足りず爆死……。

デカルト方法序説に「森の中で迷ったら一箇所に留まらずとりあえず方向を決めて突き進む。そうすれば森からは必ず出られる(望むところに出られるとは言ってない)」という第二格率がある。これを初めて知ったとき、僕は「や、人間はまっすぐ進むことはできない*4のでつが?」とバカにしていた。

いま、僕は受験という森の中をぐるぐる回るハメになってゐる。ま、それはそれで面白いので後悔してないのでつがw

 

  • 授業を切る

皇暦2680年 河合塾 名古屋校 今日も いっぱい 授業を切ります

現代文・古文・漢文・地理という4つの文系科目の授業を切っている。というのもこれらの教科に伸びしろを感じないからだ。

ロケットだって燃料を使い切った燃料タンクを切り離してどんどん身軽になって宇宙(そら)に進んで行くし、浪人生だって伸びしろのない教科を切ってその授業の時間を他の科目に回して志望大学へ進んでいくのだ(爆)

 

僕の通う河合塾の眼の前には地下街があってそこにマツモトキヨシがある。ありがたいことにエスタロンモカが売られているので私はそこで購入したのを毎朝飲んで授業中の寝落ちを防いでる。

エスタロンモカは素晴らしい。そこらへんにあるエナジードリンクより圧倒的にカフェインのmg/円が大きいし、飲むのにも時間がかからない。

なのに自習室ではモンスターエナジーを飲んでいる浪人生を見かける。なぜだろうか?ちょうど校舎の自販機にあるのを見つけたので久しぶりに購入して飲んでみた。

やっぱり不味い。ピーマンとかと同じぐらい不味い。それに不味いからグビグビと飲む気になれず飲むのにめちゃくちゃ時間がかかる。

ここで気づく。逆に不味いから飲んでいるのではないだろうか。この不味い液体を飲んでいる自分を特別な存在だと勘違いしてるうちに舌がイカれてきて美味しいと思い出すのだろう。こんなものを飲める私はきっと特別な存在なのだと感じました。今では私がおじいさん。孫にあげるのはもちろんモンスターエナジー。なぜなら彼もまた特別な存在だからです。

*1:https://archive.is/gAAH0

*2:青チャートをⅠから解き直すとかいうある種の最悪な勉強法を取っていたので進捗が最悪すぎて数学のⅡBはほぼできていない

*3:よりにもよってTテキストなので地獄具合が凄ぐ悲惨よ。すみれも悲しいか。高校時代の友達も元気かな、みんな大学生になるのはなぜどうして?涙涙涙です。

*4:https://www.gizmodo.jp/2010/12/post_8092.html

徹底解説!なぜ愛知県は「俺はコロナだ!!!」という男性が他都道府県に比べて多いのか?

たくさん人がいるからそういうことをする人もいます。

どうした宮藤、

赤点を複数個取ってしまった友人(ここでは宮藤と呼ぶことにする)に対して「ハッハッハッ!どうした宮藤ィ!そんなに赤点を取るとは頭の中まで真っ赤かの共産主義者になってしまったか!」と言ったら、場が白けた。俺がおかしいのか?

平成最後の夜

微分を使った問題を解くことを投げ出し,ウエルベックの『素粒子』を読んでいると,家の外で猫が「にゃわうわうああああ」と交尾の時の鳴き声をしだし,童貞のまま平成が終わるという事に気づき,数分頭を掻きむしった後に一物をしごき出し始めていたら新元号になっていた

お前らな、萌え如きで普段来てない軍事に来てんじゃねーよ、ボケが。

お前らな、萌え如きで普段来てない軍事に来てんじゃねーよ、ボケが。なんかパンツに戦車にコレクションとかもいるし。三軍で萌えか。おめでてーな。ミリオタってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。向かいの奴がいつ指摘してきてもおかしくない、そんなのがいいんじゃねーか。美少女オタクはすっこんでろ。

『ガダルカナル 福岡ホニアラ会』の魚拓

ガダルカナル 福岡ホニアラ

https://archive.is/1BHTI

 

ホニアラ会の歩み

https://archive.is/qWjeI

 

ガ島巡礼

https://archive.is/ObAyk

 

ガダルカナル・地図

https://archive.is/6ELGs

https://archive.is/GysV1

 

ガダルカナル島

https://archive.is/hwAFn

 

遺骨収集記事

https://archive.is/jjbCp

 

124聯隊

https://archive.is/mSnwt

https://archive.is/io0pl

https://archive.is/SsWVD

https://archive.is/hNygD

 

124聯隊の秘話

https://archive.is/V18PH

 

ガ島撤退秘話

https://archive.is/sX6jU

https://archive.is/bnkVK

 

会員手記

https://archive.is/xheaj

https://archive.is/3awDP

 

お知らせ

https://archive.is/dA8KL

 

福岡ホニアラ会 お知らせ

https://archive.is/hLMNx

 

福岡ホニアラ会 千里十里

https://archive.is/2glqL

https://archive.is/l4UDW

 

会報「つくし」

https://archive.is/8Ng6b

https://archive.is/g8zbJ

https://archive.is/JTSDa

https://archive.is/tEvj3

https://archive.is/l29aQ

https://archive.is/2FMPE

https://archive.is/V65G8

https://archive.is/PfFug

https://archive.is/UsYxJ

https://archive.is/vzz4I

────────────────────

ガダルカナル島の戦争遺品

https://archive.is/LuvAc

https://archive.is/Qzh6d

https://archive.is/sIyDT

https://archive.is/phQxs

 

遺品調査余談

https://archive.is/1q648

https://archive.is/TPKVV

 

124連隊

https://archive.is/ym4zl

 

ガダルカナル・戦争

https://archive.is/JeTyg

 

ガダルカナル・写真

https://archive.is/9jqPB

 

ガダルカナル・地図

https://archive.is/TNZsP

 

アメリカの戦争記録

https://archive.is/dVhKm

 

(ページ名 無し)

https://archive.is/TK9xm